top of page

MARTIN ( マーティン ) / D-45

先日、お客様よりギターリペアの相談を受け

MARTIN / D-45を預かりました。


2008年製、マーティン社175年記念モデルになりますが、現在の新品価格は140万円ほどする価格帯の最高峰のギターになります。


クラプトンがアンプラグドで使用した000-28、マーティン社唯一のマホガニー材のD-18などラインナップございますが、D-45についてはマホガニー、エボニー、スプルース、インドローズの定番の木材使用し製作されてますが、[材質]がAAAランクということで、最高品質のサウンドを肌で感じる事ができます。(オールドD45サイド、バック材がハカランダ使用のモデルは、更に希少価格とのこと)


リペアは簡単に済みましたが、万が一保管中、盗難にあったら怖いので、素早くお返ししました。(オーナーさんは高額ギターということは、気にせずガンガン弾かれるそうです、

コレクターは使用せずに保管管理されます)


新年度に、国産ピアノ価格は上がりますが、

弦楽器と比較しパーツ数を考えますと

安価なようにも感じます。




アバロンインレイ

エボニー指板 

シカトスプルース

インドローズウッド


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2014 by 杜の楽器工房

bottom of page